04月≪ 2018年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2007.11.10 (Sat)

coooool!な壁紙と一行小説バトン

私って本当にレイアウト・デザイン的なセンス皆無なのですよ。
仕事でチラシ作ってもフォントや記事のレイアウトにしても、

『オマエほんとセンスねーな^^いいぞ~そのへたくそぶり』

の上司のお墨付き。うひ。

なので、雪花の桜刹さんにこの壁紙を貰った時はそのセンスがうらやまsh・・・くなんかないんだからねっ!!

20071110075316.png



20071109175725.png

2パターンも作ってくれました。かこいい!


PSP用の壁紙です。
私がipod風イラスト好きなのを知っていたのだろうかΣ(゜д゜)
という事で早速PSPの壁紙にしましたヽ(´∇`)ノ桜刹さんありがとー!
超気に入りましたっ♪
PSPの壁紙が自作できる事を知らなかった私としては、目から鱗ポロリでしたよw

さてさて、センス溢れる創作物では赤い月下の不夜城の夜城さんも負けじ劣らずの素晴らしさ(GIFアニメはホントにスゴイなぁと思います)なのですが、そんな夜城さんからこんなバトンを頂いてきましたよ('∇')

その名も・・・
【一行小説バトン】

※その名の通り、最初の人の文章から連想される物語を一人一行づつ追加していき、バトンを渡していく度に物語を拡大していこうというもの。バトンをもらった人は、過去のあらすじにそって一行物語を書き加えていくという感じです。

ほうほう!一行ずつ付け足して皆でお話を作っていくんだね♪


『私は記憶喪失だ。』バトンタッチ→『川で流されていた所を農夫に助けられた。』


こんな感じで物語を拡大していってくだされ(・ω・)b
渡す人数や強制力は発生しませんが、確実に一人渡してくだされ。


小説、文章といえばここは是非、桜刹さんに私の次を継いでもらいたい
!ということで桜刹さん、君に決めたっ(´∀`)σ

では私も一行を付け足します。


我輩はタルタルである。
⇒祖国はウィンダス、口の院で魔道を学んでいる。

桜刹さん、続きを考えてみてください('-'*)楽しみだなぁ
スポンサーサイト
【編集】 |  09:40 |  バトン・質問系  | トラックバック(1) | コメント(4) | Top↑

コメント

紹介してくれてありがとうございます!
しかもTOPにまで

PNGだとどうしても劣化してしまうんですよね
てことで、手持ちのBMP画像をサイズ調整してみました

http://blog27.fc2.com/s/stir/file/20071110094813.png


よければ使ってください!

バトン、確かに受け取りました!
任せてください
3行目からおかしくしてみます!!
桜刹 |  2007.11.10(土) 09:52 | URL | 【編集】
↑罠です、踏まないで!!!!!!
桜刹 |  2007.11.10(土) 12:53 | URL | 【編集】
おおー(*´Д`*)スバラシイ壁紙ですなー!オラもそのセンスを分けていただきたい。バトンありありーですぞ( ゚∀゚)内心だれももらってくれなかったらどうしようかと(´ρ`)
そして今回もTBいたしました(●´・Å・)
夜城 |  2007.11.10(土) 14:57 | URL | 【編集】
>桜刹さん
わぁー!ありがとうございます!
プロフに指定したもののなんかボヤけちゃって困ってたのですよ(^ω^)早速使用しまっす♪

>夜城さん
一行小説がこれからどうなるのか、楽しみですね♪
壮大な物語ができるといいなぁ(゜v゜)TBありがとうございます!
シノ |  2007.11.13(火) 11:48 | URL | 【編集】
コメント投稿
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
現代水晶大戦と一行小説バトン
今日からFFXIでは、現代水晶大戦イベントが開始されますた(・ё・)このイベントは、何やら全鯖規模でどの国が一番クリスタルを集められるか?というのを競うイベントのようです。詳...
2007/11/10(土) 15:28:56 | 赤い月下の不夜城
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。